HOME > 目的別で選ぶ > 少額だけ借りたい方

お金を少額借りたいときの理由

友人や親にお金を借りる際も、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りる際も、お金を借りる理由は必ず聞かれます。利用目的がはっきりしてない人にお金は貸せませんから、少額のお金を借りる際にもそれ相応の理由を用意しておかなければなりません。

奨学金お金を借りる際の理由には、幾つかのパターンがあります。ひとつは不幸に対するお金を借りる理由です。家族の急病で家賃や光熱費などの支払いが迫っている、親せきや親が亡くなりお葬式の費用が必要、お財布を落とし緊急にお金を借りる必要があるなどでしょう。不幸な理由は何度も訪れるものではないため、お金を借りる正当な理由だといえます。

急な用事ができてしまい、急いで現金が必要な場合も、少額のお金を借りる理由としてよくあることでしょう。例えば給料日前に飲み会に誘われた、車が故障した、タイヤがパンクしたなど予定外の出費です。

少額のお金を借りる理由で、避けたいのが生活費の不足を理由にすることです。今月の光熱費の支払いができない、家賃が払えないなど、毎月の生活費さえ不足している場合は、返済できなくなるリスクが高いため、知人でも嫌がられるはずです。消費者金融では自己破産されるリスクもあるため、警戒されてしまいます。

そもそもお金が貯まらない理由とは?

少額のお金を借りたい場合でも、多額のお金を借りる場合でも、どちらも生活費がギリギリであることには変わりがありません。ある程度予定外の出費を予想しておき、貯蓄しておくのが社会人としての常識だからです。では、生活費が足りなくなる理由とは、どんな人なのでしょうか?

借りられない第一に給与が入ったらすべて使っていないか考えてみましょう。賢い人は給与からの天引きで貯蓄をしていたり、定期積立預金を利用していたりするものです。自動的に貯金分が引き落としされれば、本人は貯蓄している感覚は少なく、余った金額でどうにか生活しようとするため、自然とお金が貯まるのです。貯蓄分がなくても生活できるということは、その金額は本来生活費として必要がなかった金額なのでしょう。

借りられない第二に、貯蓄できても高額な出費が出てしまう場合です。お金が貯まったのを見ると、旅行に行きたくなる人や、車を買い替えたくなるなど、大きな買い物をしてしまう人です。お金を貯める理由がそれらの購入資金ならよいのですが、お金が貯まったのを見て予定外の購買欲求が出てしまう方は注意が必要です。

第三に、家庭のお金の管理が夫婦別々の場合です。最近は夫婦共働きで、それぞれが食費や家賃、教育費などの金額を分担しているため、家庭にどのくらい貯蓄があるのか把握できていない人が増えています。そのため何か問題があっても、相手が貯めているだろうと考えてしまうのです。実はそれぞれが好きなようにお金を使っており、貯蓄は一銭もないことも少なくありません。

お金を少額借りたいを無くす節約術

今月あと数万円足りないという現状を無くすには、毎月少しでもよいので貯蓄をすることです。細かな節約では微々たる金額で、その月によって節約をサボれば、貯蓄できない月も出てきてしまいます。それならガッツリ節約できる費用を節約してみましょう。

今月は数万円借りなければ生活できないのであれば、思い切って市町村や国が提供する賃貸住宅を利用する方法があります。公営住宅や市営住宅などが当てはまります。しかし、人気の物件は抽選となることも少なくありません。早めに行動を起こして、地道に抽選に参加していれば、優良な物件に当たるかもしれません。なかには分譲マンションを一括借り上げている市営住宅もあるようです。

買いたいものまた、車に掛ける費用の節約も、お金を借りることを減らすきっかけとなります。車は軽自動車に変えてみる、カーシェアリングを利用する、自動車保険をネット通販型に変えるなどの対策です。ネット通販型の保険は、店舗代が節約できるため、年間1万円以上安くなるケースもあるのです。

それでも少額融資を受けるなら利息を計算しよう

毎月節約をしていても、子どもの学費がかかりなかなか生活費を削ることができない場合もあります。または、お金を貯めていたのにも関わらず、病気をしてしまい入院費がかかってしまう場合や、家族の不幸など予想以外の出費がかかることもあるでしょう。

買いたいものどうしてもあと数万円足りず少額融資を利用するなら、利息のことを詳しく知っていてください。少額融資だと多くの方はすぐに返せるからと油断してしまうのですが、少額融資はお金を借りている感覚が薄いため、何度も借金を繰り返してしまう人もいるからです。少額のお金を借りる場合でも、利息の計算をしておけば、いくらでお金を借りたことが把握しやすく、何度も借金を繰り返すことはないでしょう。

利息の計算には、「年利〇%」と書かれている数字を利用します。例えばアコムの実質年率は、3.0〜18.0%です。最初から3%で借りることができる場合は少ないため、最大の金利18.0%で計算しておきましょう。

「元金×金利×借りる日数/365日=利息額」に当てはめます。100,000円を1か月で借りた場合を計算してみましょう。「100,000円×18.0%×30日/365日=1,500円」1か月で返済を終えれば1,500円の利息で済むことになります。しかし、これは100,000円を1か月で返済したときの利息で、1か月1万円の返済額で10回払いとなれば、毎月の返済額は10,843円となり、合計の利息は9,000円近く取られることになるのです。

少額融資を1か月で返せる場合におススメ

買いたいもの先ほどの利息の計算では、返済期間が長くなればなるほど、利息の割合が高くなることがわかったでしょう。少額融資の場合でもできるだけ返済回数は少なくしたほうがよいと感じた方もいると思います。そのような方でも少額融資で1か月後に返済できるなら、もっとお得に借りる方法があります。それは30日間無利息期間を利用する方法です。

無利息期間というのは、初回限定に限り30日間利息がかからないサービスのことです。アコムでは30日間設置されており、ほかにもプロミスの30日間などがあります。初めて利用される方は、指定の期間の利用なら無利息となるため、すぐに返済できる予定の方は便利なサービスです。

このなかでもアコムをおススメする理由は、最短30分で審査結果がわかりスピーディなこと、クレジットカード機能付きのカードローンを発行してもらえること、女性専用ダイヤルがあることです。

アコムの公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る