HOME > 目的別で選ぶ > おまとめローンならココ!

おまとめローンはメリットだらけ!

おまとめローンのオススメ金融機関はプロミス※です!まずは、おまとめローンを利用するメリットを確認しましょう。

  • ・毎月の支払いが1回になり便利
  • ・月々の返済額が少なくなる
  • ・金利が下がることもある

おまとめローン借入先が多いほど月1回の支払いとなることはメリットが高いでしょう。たとえば3社で借り入れしている場合は、それぞれで返済しなければなりません。返済日が違う業者を利用していれば、「うっかり返済し忘れた!」ということもありえます。それを月1回の返済でよくなるのですから、手間がなくなり万が一の返済忘れの予防にもなります。

おまとめローンは複数の金融会社から借入している方、総量規制における年収1/3を超えて借入をしている方に向いています。プロミスの場合、お客様サービスプラザ(店頭窓口)以外に、自動契約機からも申込ができるので大変便利です。その場で審査結果がでるのも嬉しいですよね。
※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです。
※当サイトおすすめ順

  年利 限度額 返済方式 おすすめポイント スマホ
1位
プロミス※
4.5〜17.8% 最高500万円 残高スライド元利定額返済方式 30日間無利息のサービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)あり。
女性オペレーター対応の女性専用ダイヤルが設置で女性に親切。
ネットで3秒の借入診断が出来る
>>女性専用のプロミスはこちら※
2位
SMBCモビット
3.0〜18.0% 1万円〜800万円 借入後残高スライド元利定額返済方式 電話連絡や郵便物のない「web完結」の申し込みがあり、平日14:50までに振り込み手続き完了でお振込可能
10秒簡易審査出来る

ローンは各社で最低支払金額の設定があります。1回あたり5,000円以上、10,000円以上などの設定です。おまとめローンを利用すると1社のみの設定となるため、月々の支払金額を安くできます。借り入れが複数にまたがり、毎月の返済金額が多すぎると感じるなら、おまとめローンのメリットがあるといえるでしょう。

複数のローンをまとめるため、1社あたりの借り入れ金額が高くなります。すると金利が低くなることもあるため、以前と比べて利息の割合が減る可能性が出てくるのです。実は利息制限法で100万円以上の金利上限は15%までと決められており、1本にまとめて100万円以上になる場合は確実に金利が下がります。

おまとめしたい時のポイント

ポイントおまとめローンはメリットが多い上に手続きが簡素化されています。そのため、複数あるローンをひとつにまとめたいと考えている人は意外と多いようです。

複数のローンをまとめるのに費用はかかりません。おまとめローンを利用したい金融業者に、現在利用中のローンを伝えるだけです。面倒な手続きが不要で、業者にすべてお任せできます。

おまとめローンを利用する場合、来店しないといけないのでは?と思われがちです。最近のおまとめローンは、スマホやパソコンでの手続きが可能です。申込から借り換えまでWEBで手続きができるため、手間はありません。

ローンをまとめる前には次のような点を確認しておきましょう。

金利が下がるのか?

実際に利用して金利が下がるかは確認する必要があります。

限度額はいくらまでか?

複数の借り入れを1本化するには、おまとめローンの限度額を確認しなければなりません。

保証人の有無

消費者金融の多くは保証人の必要性がありません。保証会社を通すためです。念のため確認しておきましょう。

手続き費用の有無

ほとんどの金融業者でおまとめローンの利用が無料ですが、事務手数料が発生するかチェックしておくと安心です。

来店不要か?

WEBでのおまとめローン申し込みに対応している金融会社があります。来店する暇がない方や、手間を減らしたい方は確認することをおすすめします。

おまとめローンの申し込み手順

ここでは、プロミスのおまとめローン利用方法をご紹介いたします。プロミスの場合は、自動契約機もしくは窓口のみ対応のみになります。

@申込
申込は、自動契約機もしくは客様サービスプラザ(店頭窓口)で行います。

A審査
※審査は最短30分!その場で結果がでます。

B借入
平日14時までに手続き完了なら即日融資も可能です。
※他社への返済はプロミスが代行してくれます!
(おまとめローンは、他社へ返済を代行してくれる、他社への返済は自分で行わなければならない、2つのパターンがあります。)

必要書類

プロミスの自動契約機でカードを受け取る場合、本人確認書類必と収入証明書の用意が必要です。忘れてしまうと当日の借り入れができなくなってしまいます。

本人確認書類

運転免許証またはパスポートを持参してください。どちらもなければ、健康保険証と住民票を加えることで、本人確認書類とすることができます。これらの書類に記載された住所と現住所が異なる場合は、自宅住所が記載された書類が必要です。国税または地方税の領収書や納税証明書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書、住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書が必要となります。

収入証明書

希望借入金額が50万円以上の方、希望借入金額と他社の借入金額合計が100万円以上の方が必要です。最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2か月の給与証明書と1年分の賞与証明書が必要になります。

おまとめができない場合の理由

そもそも、おまとめローンだからといって、審査内容が甘くなることはありません。通常の借り入れの際と同様の審査となるため注意してください。おまとめローンを利用するということは、すでに他社で借り入れしている状況です。それを踏まえたうえで「さらに追加で貸せるか?」という面で判断されます。

ただし、おまとめローンで返済能力があると判断された場合は、総量規制の例外となり年収の3分の1以上借りられる場合もあります。それを考慮したうえで、おまとめローンに申し込む場合は、嘘を付かないことが条件です。他社借入件数や金額の申告で嘘をつかない、年収を多めに申告しない、勤務先の情報は正しく書く必要があります。

おまとめローンは審査が厳しくなりやすく、嘘の情報を記載しバレたら借り入れは不可能です。これらの情報は調べればわかることですから、嘘の情報を伝えるのは止めましょう。

おまとめローンのまとめ

おまとめローンはほかにも多数の金融業者で提供があります。

アコムのおまとめローンは、総量規制で年収の3分の1を超える借入がある方でも利用が可能です。借り換えの手続きはフリーコールで、必要書類を用意したうえで自動契約機に足を運びます。その場で審査結果を聞くことができ、アコムが他行への返済をしてくれるため安心です。アコムでは300万円までの借り換え金額となります。

アイフルにもおまとめ専用ローンがあります。アイフルは800万円までの借り換えが可能で、高額融資となる可能性がある場合でも使いやすいでしょう。申し込みはフリーダイヤルまたは、WEBでの申し込みに対応しています。

スルガ銀行カードローンでもおまとめ専用の申込方法があります。最高限度額が800万円までで、専業主婦の方でも申し込みが可能です。女性専用申込にも対応し、スルガ銀行での取引がない方でもWEBで申し込みができます。クレジットカードの利用残高をおまとめして、利用残高を増やす方法にも対応するサービスです。

おまとめローンに対応するのは大手消費者金融、地方銀行、ネット銀行などでも対応があるようです。SMBCモビットのように専用窓口がない場合もあるため、注意しましょう。

このページのトップに戻る