HOME > お金を借りる豆知識 > 必要な条件

必要な条件を確認しよう

金融業者でお金を借りる前に必ず必要条件を確認しましょう。対象者でなければ審査に通りにくい事は間違いありません。ご自分の状況に合わせた金融業者を選ぶことが第一条件です。パートやアルバイトでも収入がある人を条件としていたり、専業主婦でもOKとしているなどそれぞれの業者では最低限の条件が異なります。それをちゃんと把握しなければ、審査に落ちて複数の業者に申し込むはめになります。

短期間で複数の申し込みは×

融資の申し込み前には必要条件を確認するのが必須ですが、それは自分の条件に合う業者を見つけるためです。条件に合わない業者に審査を申し込んでも意味がありません。複数の業者に短期間のうちに申し込むと、信用情報機関に記載され、後々融資が受けにくくなる事もあるのです。目先の事だけを考えず、後々の融資の状況も考えたほうが良いでしょう。

必要な条件 その1 年齢

金融会社では、借入の出来る人の年齢を設定しています。下は、20歳から上は、各会社で異なりますが、65歳〜70歳までと設定しているところが多く、つまり未成年者と70歳以上の高齢者は、借りることが出来ないということになります。
まず自分の年齢が条件を満たしているか確認してみましょう。

  年齢
20歳〜69歳
20歳以上
満20歳〜満70歳
満20歳〜69歳
満20歳以上69歳未満
満20歳〜62歳
20歳以上70歳以下
20歳〜69歳

 

必要な条件 その2 安定した収入

どの金融会社でも「安定した収入」を必ずと言っていいほど貸付条件に入れていますが、そもそも安定した収入とは、どういう収入でどれくらいの金額を指すのでしょうか?

収入とは、正社員、契約社員、パート、アルバイトなど働いている人ならば会社やお店からもらう給料、年金受給者ならば年金などの毎月決まった日にもらっているお金ことを指します。ただ金融会社で定めている安定した収入というのは、具体的な金額の指標があるわけではなく、金額が高いから借りられるとか、低いから借りられないという訳ではなく、毎月決まった日に収入が入り、他の会社からの融資の有無、返済能力、今後も安定した収入が見込めるのか?など確実に毎月返済出来るのかで融資可能か決定する上で、重要なポイントになります。 そのため、正社員、パート、アルバイトの人も仕事を辞める可能性がありますが、日雇いの派遣のお仕事の人は、自分の希望や都合とは関係なく、急に会社都合で仕事が無くなる可能性があるため、安定した収入としてみなされず、お金を借りることが出来ない場合もあるようです。

安定した収入の金額の目安は、年収が200万円以上ということが1つの基準になります。パート勤めの主婦の場合、200万円以上の収入を得ることがなかなか難しいと思いますが、ご主人の年収も合わせて世帯年収として審査してくれるので、自分の収入が少なくてもお金を借りることが出来ます。

       

必要な条件 その3 身分証明書がある

お金を借りるためには、必ず自宅の住所、生年月日などお金を借りたい人の身分証明書が必要です。

身分証明書

・健康保険証
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード(住基カード)もしくはマイナンバーカード

お金を借りる時に有利な身分証明書は、健康保険証+運転免許証です。なぜ健康保険証が有利か?というと、健康保険証を見ることでその人がどの会社に勤めているのか?、その会社の大体の規模、年齢や職業などが解るからです。

保険証発行団体と属性

○○健康保険組合 被保険者証 → 大企業
全国健康保険協会 被保険者証 → 中小企業
○○共済組合 組合員証 → 官公庁
国民健康保険 被保険者証 → 自営業、アルバイトなど
後期高齢者医療 被保険者証 → 75歳以上

さらに保険証を見ることで、その人がその会社に勤めているのか、もしくはその家族なのかなども解ります。

ただし、健康保険証には、顔写真が無いため、運転免許証があると顔写真も入っていて、本人確認が正確にスムーズに行えます。パスポートでもOKですが、パスポートの住所は、手書きのため、免許証の方が正確性があります。

必要な条件 その4 資金使途

借りたお金の使い道は、自分の好きなように何にでも使って良いわけではありません。各金融会社によって、資金使途を定めていますので、自分の使い道でも大丈夫なのか、申込前に確認しておきましょう。

条件を満たしていないけどどうしてもすぐにお金を借りたい

もちろん条件を満たしていることがお金を借りる上で重要ですが、条件を満たしていないけど、どうしてもお金を借りたい時はどうしたら良いか考えてみましょう。

1)未成年の場合

年齢の壁はとても大きい壁です。大学生でも20歳を超えていて、アルバイトをしていて安定した収入がある人は、お金を借りることが出来ますが、18歳、19歳の人は、いくらアルバイトをしていても、未成年のため、申込自体が出来ないことがほとんどです。

学生専用のローン会社でもほとんどが20歳以上しか申し込めないですが、18歳から申し込みが可能な会社があります。ただし、その場合にも必ず安定した収入があることが条件になるため、アルバイトをしていない学生は、申し込めません。また、学生ローンの場合、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方しか借入が出来ません。

ローン以外にお金を借りる方法として、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。クレジットカードでも18歳以上が発行可能なカードは、三井住友VISAカード、新生アプラスカードなどがあります。ただし、未成年の場合には、親の同意が必要になるため、親に内緒で勝手にクレジットカードを作ることは出来ません。

まとめ

未成年でもアルバイトや働いていて、安定した収入があれば、お金を借りることは可能ですが、学生でアルバイトもしていない場合は、親権者の同意があれば借りることも可能な場合もありますが、至難の業でしょう。借入の申込をする前に親に一度、相談してみましょう。

2)安定した収入が無い場合

安定した収入が無いけども、お金を借りることが出来る人は、ズバリ専業主婦と学生の方のみです。専業主婦の方の場合は、配偶者が安定した収入があれば、お金を借りることは可能です。学生の方の場合は、親権者の同意があれば借りることが可能です。どちらの場合も本人には支払い能力はないものの配偶者や親権者など家族に収入があれば、世帯年収としては安定した収入があるので、返済能力があるとみなされ、お金を借りることができるということです。ただし、専業主婦でも学生でもOKという条件の金融会社のみなので、申し込む前に必ず条件を確認しましょう。

それ以外の方で安定した収入が無いけど、お金を借りたいなら、とにかく職に就くことです。アルバイトでもパートでも構いません。もしくは、派遣会社に登録でも構いません。その人が働いているという在籍確認が取れれば、お金を借りることは可能です。働いてから日が浅い場合は、最初に借りられる金額は低いかもしれませんが、金融会社から信用されれば、限度額を増額することも可能です。

まとめ

専業主婦と学生の方は、金融会社の条件によってOKな場合もあるので一度、条件を確認してみましょう。それ以外の方は、まずは安定した収入を得るために働き口を見つけることです。確実に毎月返済出来ると金融会社から信用を得ることが重要です。

3)身分証明書の住所が現住所と違う場合

もし引っ越しなどをして運転免許証の住所が現住所と違う場合は、下記のものが運転免許証以外で本人確認書類として使えます。

・健康保険証
・パスポート


もしも、健康保険証とパスポートの住所も違う場合は、下記のものも本人確認書類として使える場合があります。
・公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHK)
・住民票の写し
・印鑑証明書
・源泉徴収票(最新)
・確定申告書(最新)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
(※賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書)


健康保険証の住所変更については、手続きが必要となるため、簡単に出来ませんが、パスポートの住所変更については、手続き不要のため、自分で簡単に訂正出来ます。パスポートの裏表紙の「所持人記入欄」の現住所に記入している旧住所を二重線で消して、新住所(現住所)を記入すればOKです。電話番号についても、同じ方法で訂正可能です。

まとめ

身分証明書は、お金を借りる時に必ず提出する大切な本人確認書類なので、現住所が違う場合には、いざお金を借りたい時に慌てないために早めに手続きをして変更するか、自分で訂正可能なものは前もって訂正しておくようにしましょう。

このページのトップに戻る