HOME > 目的別で選ぶ > 家族や会社に内緒で借りたい

内緒でお金を借りるときの注意点とは?

周りの人にお金を借りることを知られたくないこともあるでしょう。
そんなとき重要となるのが、
「自宅に書類が送られてこない」
「会社に在籍確認の連絡がない」

の2点です。
これらの要素を満たしている金融機関は、「SMBCモビット」「プロミス」です。
プロミスでは無人契約機で手続きを済ませると郵便物が届かず、SMBCモビットは「WEB完結」申し込みの方法があるため、自宅や会社への確認電話がありません。それぞれにメリットがありますから、プロミスとSMBCモビットの特徴をみていきましょう。

家族や会社に内緒で借りるならランキング※

ランキング※ 内緒で借りられるサービス 契約機の利用時間 自動契約機の数
1位
プロミス
郵便物が届くのを避けるには、来店でのカード受取を選びます。ネットで手続き完了後、プロミスの無人契約機か三井住友銀行ローン契約機でカードを受け取りましょう。その場でキャッシングを利用すれば、自宅に利用明細書が届けられることはありません。 プロミス自動契約機…9:00〜21:00
(※契約機により営業時間が異なります。)
三井住友契約機…9:00〜21:00
(※契約機により営業時間、休日が異なります。)
★★★
2位
SMBCモビット
WEB完結の申込方法を利用できるのは、三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行いずれかに普通預金がある方のみです。その口座を振込貸付と口座振替口座に指定することで、電話連絡なし、郵便物なしで手続きができます。 三井住友銀行ローン契約機…9:00〜21:00
(※営業時間は店舗により異なります。)
★★★

※当サイトおすすめ順

家族に内緒にするときのポイント

家族に内緒でキャッシングを利用する場合は、次の点に注意しなければなりません。

  • ・自宅への電話はあるか?
  • ・自宅に郵便物が送られてくるか?
  • ・キャッシング利用で明細書が届くか?

家族にバレる機会は申し込み時と、キャッシング利用時の2つです。
最近は本人確認連絡先として、携帯電話番号が主流のため心配しなくても大丈夫でしょう。もし自宅に電話がかかってきても、個人名を名乗るため怪しまれることはありません
自宅に郵便物を送るのは、契約書やカードの郵送時です。WEB完結の方法なら契約もインターネットを使ってできます。カードの受取は自宅ではなく、自動契約機を選ぶのがコツです。カードレスとなるSMBCモビットのようなキャッシングもバレる心配がありません
キャッシング利用でも明細書が発送されることがあるため、必ず自動契約機でカードを受け取ったら、その場でキャッシングを利用しましょう。提携ATMでの利用では、明細書が送られてくることがあります。
プロミスなら三井住友銀行にローン契約機があるため、利用しやすいといえるでしょう。SMBCモビットなら、三井住友銀行または三菱UFJ銀行への振り込み指定で郵便物が届きません

会社に内緒にするときのポイント

会社にバレたくないと考えている方は、会社にかかってくる在籍確認に注意が必要です。記載している内容に嘘がないか確認するためで、勤務先に電話がかかってくることがあります。
プロミスの場合、申込時に相談することができます。どうしても在籍確認が必要なときには、会社に電話連絡がありますが、その場合は個人名でかけてくれるため安心です。
SMBCモビットの場合は、WEB完結で手続きを済ませると電話連絡が一切ありません。三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の普通口座をお持ちの方なら、WEB完結が利用できます。この方法に限り勤務先への電話連絡はなく、連絡はメールのみで安心です。

もし会社に電話連絡してきた際に本人が電話に出られない場合は?

会社に在籍しているか確認するのみですので、本人が電話に出られなくても大丈夫です。
会社の人が電話に出たとしても、「クレジットカードの申込をした」と言えば問題ないでしょう。クレジットカードの申込でも在籍確認あるからです。

オリックス銀行カードローンもおすすめです

ネットバンキングサービスや金銭信託のイメージがあるオリックス銀行ですが、カードローンのサービスも実施しており、家族に内緒でお金を借りたい人にはおすすめです。
おすすめの理由はカードの届き方です。
借入用のカードも、オリックス銀行のその他サービスの利用明細なども、全て同一のオリックス銀行の封筒に同封されて送られてきます。


オリックス銀行と言えば、ネットバンキングや信託のイメージが強い中で、ぱっと見、封筒を見ただけでは カードローンのカードだと気がつく方は少ないのではないでしょうか。

カードローンを利用していることを少しでも内緒にしたい人にとって、安心してお金を借りるための嬉しい配慮と言えるでしょう。

このページのトップに戻る