HOMEお金について気になること > 住宅ローンの本審査に落ちるには理由がある!?

住宅ローンの本審査に落ちるには理由がある!?

夢のマイホームを購入する際に現金でマイホームの購入が可能な方は、ほんの一握りです。多くの方は住宅ローンの申込を行い、金融機関からの事前審査と住宅金融機構が行う本審査の2種類の審査を行い、これに通過することができた場合に融資を受けることができます。

しかし、事前審査に通過しても本審査に通過することができないことがあります。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?そこで、ここでは、本審査の目的や内容、申請までの流れなど詳細や対策について解説します。

家を購入予定の人必見!住宅ローンの本審査はこんな流れになっています

住宅ローンは、数千万円という大金となるためお金を貸す側の銀行にもある程度のリスクがあると言えます。もしも、返済が滞ってしまうと大きな損失を被るため
「きちんと返済してくれるのか」
「もしも返済不能となった場合の差し押さえ等が可能であるか」
などについて審査を行うことになります。

まず、住宅ローンを借りる際は、通常、事前審査と本審査という2段階式で行われることになります。
住宅ローンの申込前に審査期間3〜4日ほどとなる事前審査を受けましょう。最近ではインターネットから簡単に事前審査の申込を行うことができる銀行が増えています。事前審査では、購入物件や借りる方の年収、職業等が確認されます。

しかし、これは、自己申告となり、各銀行により源泉徴収票の提出が必要なこともあります。
そして、この事前審査に通らなければ住宅の売買契約を行うことができず、本審査に進めません。

無事に事前審査を通過した後は、本審査のために様々な書類提出を行います。売買契約書、重要事項説明書、建築確認証、登記事項証明書、源泉徴収票、住民税課税証明書、印鑑証明書、住民票などが必要です。

本審査は、事前審査よりもさらに詳細について確認されることになります。そのため、審査期間は、1週間ほど必要となります。この本審査に通過すると初めて銀行で住宅ローンを組むことができます。

住宅ローン手続きの流れ

事前申し込み
 ↓(3〜4日)
事前審査
 ↓
正式申込
 ↓(1週間程度)
本審査
 ↓
住宅ローン契約
 ↓(2週間〜1ヵ月程度)
借入

ドキドキ!銀行は住宅ローンの本審査でどんなことをチェックするの?

金融機関が審査の際、最も重要視していることがあります。それは、本人に返済能力があるか否かの審査です。これは、本人に安定した収入と完済までの期間、返済ができるかどうかが最も大切なポイントとなるようです。

住宅ローンは、数千万円単位であることからお金を貸す側の銀行も当然ながら返済能力のある者に融資を行います。ここでは、銀行が住宅ローンの本審査でどのような点についてチェックしているかを下記にまとめてみました。

・返済負担率
・完済時年齢
・借入時年齢
・担保
・勤続年数
・健康状態
・年収
・職業

このように、住宅ローンの審査を受ける際は、第一に安定した収入があり、安定した返済が可能か否かも最も重要なポイントとなります。つまり、その状況に合致している方であれば、銀行の住宅ローンの審査に通るということになるのです。

例えば、上場企業に勤めているという方、また、高額所得となる職業に就いている方、年齢や勤続年数が適切な方は、特に住宅ローン審査に通りやすくなります。これは、高額年収であることで安定した返済が可能であると判断されるからです。

そのため、比較的安定した収入を得ることができる公務員や正社員として勤務される方の方が、フリーターや自営業者、個人事業主などの方よりも住宅ローンの審査に通りやすくなるのです。

また、一見、自営業者であれば住宅ローンに通りやすいイメージをお持ちの方もいると思いますが、このような業種の方は、現在良い状況だとしても将来に渡って安定した返済が可能かを判断できない対象となることから住宅ローンの審査がかなり厳しくなってしまうのです。そのため、自営業者や個人事業主の場合は、継続した利益を得ていると住宅ローン審査に通りやすくなると言えます。

このように、住宅ローンは、安定した収入と安定した返済が可能であるかが必須条件となります。住宅ローン審査に通過するには、これらの条件をきちんとクリアできるよう準備しておかなければなりません。何度も住宅ローン審査に落ちてしまうという方は、何らかの問題があることを踏まえ、それらをひとつずつクリアしていくようにしましょう。

役立つ豆知識!住宅ローンの本審査に落ちる理由はこんなところにあった!

住宅ローン審査を受ける際、事前審査を通過したものの、本審査で通過できないというケースがあります。この理由として考えられることにはどのようなことがあるのでしょうか。

・事前審査の申告内容に誤りがあった又は証拠資料の提出ができなかった場合
・事前審査時よりも本人の信用状態が悪くなった(他にローンを組んだ・クレジットカードの支払いが滞ったなど)
・他のローンの延滞を行った場合

このように、事前審査は、個人信用について大きな問題がない、また、年収と返済のバランスに問題がないということを確認することができれば審査を通過することができます。

本審査に通らない理由は、事前審査の申告内容に相違があった場合や証拠資料の提出が未提出であった、また、事前審査時よりも信用状態が悪化したなどが挙げられます。また、本審査においては、団体信用保険への加入が条件であることから本人の健康状態を問われることになります。本審査においては、他のローン等借入の状況を厳しく確認されるため住宅ローン審査に落ちることもあります。例えば、カーローンや教育ローン、ショッピングローンなどがそれに該当します。

申告内容に相違がある

事前審査に申告した内容と本審査の際に提出した書類に相違があるというのは、事前審査の申込を特にネットから手軽に行った場合、簡易チェックのみとなるため本来の正式な書類を前に審査を行っているわけではありませんので本審査の段階で事前審査の際の申告と相違点があれば住宅ローン本審査の通過は見込めないということです。

その中でも、年収が低くなった場合、勤続年数が短くなった、転職をしたなどが確認されるとあなた本人の信用度が低くなることで住宅ローン審査に不利となってしまうので注意が必要です。

虚偽の申告を行った

住宅ローン審査に申し込む際に虚偽の申告をすることは、後にあなたが本当に住宅ローンを借りる時に信用度ゼロとなってしまうため絶対に虚偽の申告は避けてください。虚偽の申告をしても住宅ローンを借りた後、全額一括返済を請求される可能性が高いと言えます。

個人信用情報に問題がある

住宅ローンの事前審査では、銀行によって個人情報を厳しく確認していない場合もあります。その場合、本審査に移行した段階で個人信用情報に問題があり、マイナス情報として扱われ、審査を通過することができません。

消費者金融から借り入れを行っている

事前審査を通過した後、消費者金融やカードローンから借金をしている場合、本審査に落ちる可能性が非常に高くなります。そのため、住宅ローン審査に申し込みを行う前に完済しておく、または借金を少しでも減らしておくようにしましょう。

尚、銀行によって、住宅ローン審査の申込については、消費者金融からの借入を完済することを前提としていることもあります。この時、教育ローンや自動車ローンは大きな問題とはなりません。

その他ローンやクレジットカード支払いの滞納・延滞など

教育ローンや自動車ローンを組んでいる場合、また、消費者金融やカードローンなどこれらの返済を滞納、延滞した場合は、信用情報に記録され、その情報が一度記録されると5年を経過するまで延滞記録が残ってしまいます。この延滞記録が残っている場合は、住宅ローン審査に通過するのは難しいと言えるでしょう。

携帯電話料金が未納となっている

あまり住宅ローンの本審査に関係ないように感じている方も多いかもしれませんが、最近多くなっているのが携帯電話の電話料金を滞納しているというケースです。

口座引き落としやクレジットカード決済とされている方も多いと思いますが、その銀行口座に十分な残高がなかったために引き落とし不能となり、滞納扱いとなってしまった場合です。たとえ少額の滞納であってもそれが住宅ローンの審査に通らない原因となるため支払うべき料金は、きちんと支払いを行うようにしましょう。

国民年金保険料を支払っていない

国民年金保険料を未払いにしている場合も住宅ローン審査に通らない可能性が高くなります。国民年金保険料は、日本国民であればその納付は義務となるためそれを未納としているのは住宅ローン申込の際に不利になってしまいます。

学生である場合などその期間だけは支払っていなかったなど理由があったにせよ、これも審査に通過するのが困難な場合があります。

税金を滞納している

住民税や自動車税、所得税など、納付すべき税金を納付していない場合も住宅ローンの審査に通らない可能性が高くなります。このような滞納金がある場合は、どれだけ借入金が少額であっても信用がないと判断され、審査に通過することは難しくなります。

そのため、これからマイホームの購入を検討されている方は、住宅ローンの審査に申込を行う前に滞納している税金等をすべて完済しておくようにしましょう。

破産の過去がある

過去に破産申告を行っている場合、信用情報に10年間記録が残されてしまいます。その個人信用情報が完全に消えるまでは、住宅ローン審査を通過することはできません。つまり、住宅ローンを借りることはできません。

事前審査後に退職した

事前審査申込を行い、事前審査を通過したにも関わらず退職した場合は、本審査に落ちる可能性が高いため注意が必要です。また、無職の場合は、確実に住宅ローン審査に通ることはできません。

尚、退職してすぐに転職した場合は、住宅ローン審査に通る確率が低くなってしまいます。一方で、同じ転職であっても収入や地位が高くなることによる転職の場合は、住宅ローン審査に通る可能性が高くなります。キャリアアップ以外の転職の場合は、住宅ローン審査に対してはマイナスとなってしまうため注意してください。

事前審査申込後、借金をした

事前審査申込後、事前審査に通過したにも関わらず、消費者金融から借入を行った場合は、住宅ローン本審査に落ちる可能性が高くなります。借金を常習的に行う方は、住宅ローンの返済が滞る可能性が高くなるとみなされてしまい本審査には落ちると言えるでしょう。そのため、本審査が終了するまでは、借金はしない方が無難であると言えます。

担保物件に問題がある場合

担保物件に問題がある場合は、住宅ローン本審査に落ちる可能性が高くなります。又は、住宅ローン借入金額を減額される場合があります。

健康に問題がある

住宅ローンの本審査に通過するためには、団体信用生命保険への加入が条件となります。その場合、健康状態に問題がある場合は、団体信用生命保険に加入することができないため住宅ローン審査に落ちる可能性が高くなります。

例えば、以下のような場合です。
・過去5年間に手術や入院をした場合
・過去5年間に手術や入院し、現在も病気の治療が続いている場合
・うつ病
・高血圧
・肥満

最近では、一般的な団体信用生命保険以外にも審査や加入条件が緩い「ワイド団信」という保険を提供する銀行が増えています。このワイド団信であれば、高血圧や肝炎、糖尿病など持病をお持ちであっても団体信用生命保険へ加入することができます。加入することができれば住宅ローンを借りることができるため安心ですね。

このようなことから、持病をお持ちの方こそワイド団信への加入を検討されてみてはいかがでしょうか?しかし、その場合、住宅ローン金利が0.3〜1%ほど高くなってしまいます

一方で、「フラット35」については、団体信用生命保険への加入が必須ではないため住宅ローンの申込を「フラット35」にして申込を行うことができます。

しかし、全く無保険状態で住宅ローンを組むことで家族やご本人に大きな負担をかけてしまう場合もあるため、慎重に考えて決めるようにしてください。

そんな理由があるなんて知らなかった!住宅ローンの本審査を実施する目的

住宅ローンを利用する場合は、住宅ローン審査に通過する必要があります。そのため、本審査に通過することが重要ポイントとなります。

住宅ローンの本審査を実施する目的は、事前審査に通過した後、本人の状況が変化した場合など、将来に渡って住宅ローンの返済が不可能と判断される事由が起こったことを調べる意味でも行われています。

事前審査は、金融機関があなたに住宅ローンの貸し出しを行うことができそうか否かを判断するために行われる審査で申込者の収入や返済能力など少ない情報でもスピーディに判断するために本審査よりも必要書類が少なく、審査は1週間ほどの期間で出る場合が多いです。

一方、本審査は、保証会社である住宅金融機構(フラット35)が行うためその人に対して本当に多額のお金を融資しても良いかを最終判断する場でもあります。このような目的のために本審査が行われているのです。

また、本審査は、事前審査以上にさらに厳しい審査が行われるため事前審査に通過したからと言って必ず本審査を通過することができるとも言い切れません。本審査は、住宅ローンの申込を行う金融機関ではなく、信用会社独自が行うことになるため必然的に厳しい目線ですべてを確認されることになります。つまり、事前審査に通過しても、本審査が終了するまで安心はできませんね。

やったー!不安解消!住宅ローンの本審査に合格した人の体験談をご紹介

ここでは、住宅ローンの本審査に合格した方の体験談を下記にご紹介します。

・35歳/男性/会社員
北海道へ引っ越して8ヵ月が経過しました。以前の仕事とは異なり、転職をして同じく8ヵ月です。妻と二人暮らしでまだ子供はいません。北海道は、とてものどかで過ごしやすく、冬は寒いですがやっぱりこの土地が大好きなので妻と相談を重ね、北海道に住むことに決めました。そうすると、家賃で住まいを構えるよりも今後、子供ができた時のことを考えてマイホームを建てることにしました。

まず、住宅展示場へ出向き、色んな家を見て回りました。その時、住宅購入の際は、住宅ローンとしてフラット35を利用することができることを知りました。とは言え、マイホームの購入ですから当然その価格も莫大です。とても自己資金で購入するなど不可能であることからフラット35に申し込むことにしました。フラット35なら勤続年数1ヵ月からでも住宅ローンの審査を受けることができるということだったので、まだ転職して8ヵ月ほどの私にとってとてもハードルが低いものに思えました。

しかし、やっぱり利息が高いため、他の銀行での住宅ローンも気になっていました。そのため、いくつかの銀行に住宅ローの相談へ行ってみました。結果は、勤続年数最低2年でなければ審査を受ける対象ともならないことを言われて、結果、審査に申し込みすらできずという状態でした。

その後もいくつかのハウスメーカーの住宅展示場にも出向き、そこで気に入ったハウスメーカーを見つけた時のことです。担当の方が、フラット35の仮審査を受けてみられませんか?と声をかけてくださり、手間もなく1週間ほどでその結果が分かるというものだったため実際に仮審査を受けてみることにしました。すると、ハウスメーカーの担当者の方が仮審査に通りました!と伝えてくださり、その後、本審査を提出し、その後4週間弱で本審査にも通りました!おかげさまで仮審査も本審査も通ったので、夢のマイホームを建築することができました。

実際のところ、仮審査が通った場合、よほどのことがない限り、本審査に落ちることはないそうです。結果、転職したての私でさえも本審査をクリアすることができました。住宅ローンが通らないと不安に思っている方へ、ぜひ一度勇気を持って本審査に申し込みされてみてはいかがでしょうか?

どうしても合格したい!住宅ローンの本審査に落ちてもチャンスはある?

住宅ローン本審査に落ちた場合でもその他の方法で住宅ローン審査に通る方法があります。それについて解説します。住宅ローン審査に落ちた場合でもその他の方法で借りることができた方も大勢いるため、安心してください。

住宅ローンの審査に落ちた場合、夢のマイホームが遠のいてしまうためとてもショックですよね。そんな方でも住宅ローンを借りることができる可能性は残されています。

住宅ローン審査に落ちてしまった場合、複数の住宅ローンに申し込みを行いましょう。これは、住宅ローン本審査の審査基準については、各銀行により異なるからです。例えば、ある銀行の本審査に落ちてしまったけれども他の銀行の住宅ローン審査には落ちずに住宅ローンを組むことができたという事例は非常に多いです。

また、住宅ローン審査については、ひとつの銀行のみとされる方の方が少なく、複数の住宅ローンに申し込むことは誰でも行っていることなのです。それに、複数の住宅ローンへ申込を行ったとしても特に問題は起こりません。そのため、どうしても住宅ローン本審査を通過したい場合は、最低3〜5社以上の住宅ローンに申し込まれることをおすすめします。もちろん、ひとつの住宅ローン本審査に落ちた場合でも他の住宅ローンに申し込めば良いのです。

尚、住宅ローン審査に通ることはもちろん大切なことですが、その際、手数料や金利の安いお得な住宅ローンを選択されることをおすすめします。金利ひとつで100万円〜300万円以上もの差が生じることもあるのです。

複数の住宅ローンの申込には、一括して住宅ローン審査の申込を行うことができるサービスもあります。一括で行うため住宅ローン審査に通る確率が高くなるだけではなく、金利や手数料が低い住宅ローンに申し込みを行うことができます。このような方法で、本審査を通過することができる銀行を探すことができます。複数の住宅ローンの申込は少し時間が必要ですが、ぜひ、住宅ローン一括申込サービスを利用されることをおすすめします。

準備万端!住宅ローンの本審査に受かった人が事前に取った対策をご紹介

住宅ローンの本審査を通過するのは、かなり難しいことだということが分かりますね。ここでは、住宅ローンの本審査に受かった人が事前に行った対策についてご紹介します。

借入金額を打倒な金額としておくこと

住宅ローンの本審査に落ちる方は、「借入金額が多すぎたため」であることが挙げられます。これは、借入金額の金額が大きい場合、銀行側は「この人はお金を返済することができるのか?」という不安から本審査を落とされてしまう可能性があるのです。

このようなことにならないためにもあなた自身の年収と借りる金額のバランスを考慮した借入を行うようにしましょう。

信用情報に掲載されないこと

過去に何等かのローンを組んだ際、また、水道料金や電気料金などの公共料金、携帯使用料などすべてにおいて支払いが滞った場合は、個人信用情報に掲載され、これが原因で住宅ローンの本審査に通過することができなくなってしまいます。

そのため、今後、住宅ローン審査に申し込みを行う予定のある方こそ、このような点について十分に注意しなければなりません。

キャッシングやカードローンは返済しておくこと

住宅ローン本審査に通過するためには、現在のローンがある場合などすべて完済しておくことが大切です。実際、このようなローンを組んでいることが原因で住宅ローン本審査を通過することができないことがあります。

結果が出るまでドキドキ!住宅ローンの本審査にかかる期間はどれくらい?

住宅ローンの事前審査に通過した場合は、本審査へ移行することになりますが、その本審査にかかる時間は一体どれくらいの時間を要するのでしょうか?ここでは、住宅ローン本審査にかかる期間について解説します。

住宅ローン本審査の特徴とは

住宅ローンだけではありませんが、金融機関からの融資を受ける場合は必ず「審査」を受けることが大切です。

しかし、住宅ローンの借入を行うには、その金額も多額となる分、本審査も非常に厳しいものとなっています。これがキャッシングなどの審査であれば即日借りることができることも多いですが、住宅ローンの場合は数千万円にも上る融資となることから万一返済不能となれば大変な事態になります。このようなことから、キャッシングなどと同様に手軽な審査とはなり得ないのです。

冒頭でもお伝えした通り、住宅ローンの審査は事前審査と本審査に分かれています。住宅購入をする契約をする前には、事前審査を受ける必要があります。

なぜなら、契約後の審査ですともしも審査に通過しない場合は、本人だけではなく不動産業者も困惑してしまうからです。そのため、住宅購入を行う際は、物件が決まった段階で住宅ローンの申込を行い、事前審査を受けます。そして、住宅購入契約を締結し、本審査を行い、住宅ローン契約、最後に融資を受けるという流れとなります。

住宅ローンの本審査においては、借入金額と利息返済能力があるか否かを判断されることになります。また、本人の勤続年数や年収、健康状態、雇用形態、業種、また、債務の利用履歴等の確認があります。

本審査にかかる期間は?

住宅ローンの本審査にかかる時間は、スタートから1ヵ月ほどになります。審査にかかる期間は、事前審査と本審査で約3週間となり、その後、約1週間程度で本審査が行われます。

この本審査においても事前審査と同様の項目の確認がありますが、審査の重要性は本審査の方が非常に厳しいものとなります。本審査は契約に直結するとても重要な位置付けとなるため、ここで再度確認事項があると思っておいてください。

えっ!まさか!住宅ローンの本審査に合格してから取り消されることはある?

住宅ローンの本審査を通過したにも関わらず、その後否決となることはめったにありませんが、ごく稀にあると言われています。

住宅ローンの審査において以下の項目についてチェックしています。
・年収に対しての返済負担率
・物件価格に対しての自己資金の比率
・他の借入状況
・個人信用情報
・勤務形態&勤続年数
・勤務先の信用度
・健康状態(団体信用生命保険)
・物件の評価

そのため、住宅ローン事前審査に通過しても本審査で購入予定物件の担保評価が、住宅ローン申込予定の金融機関の規定に満たないなどの場合、本審査に通過することができないこともあります。

しかし、最近では、住宅ローン事前審査の際に物件資料等の添付を行うことでその段階から担保評価をしてもらえる分、住宅ローンの本審査で落とされることが少なくなりました。それに加えて、団体信用生命保険への加入が義務となっていましたが、団体信用生命保険への加入が難しい場合でも住宅ローン借入を可能としている金融機関も増えています。そのため、団体信用生命保険に加入できないことを理由に即否決されることはなくなりました。

また、住宅ローン事前審査及び本審査を通過しても、その後、融資が実行される前にカーローンやカードのキャッシング、ショッピングローン、さらには転職を行うことで承認を取り消されることがあるため、注意が必要です。融資実行後に他のローン、また、転職を行うなどについては問題ありません。

住宅ローンの仮審査に合格したけど本審査は不合格だったという人の例

住宅ローンの事前審査に通過したものの本審査が通らなかったという方は、どのような点が不合格のポイントとなってしまったのかについて見てみましょう。

完済時年齢が高い場合や健康状態に不安がある場合

フラット35で住宅ローンの事前審査を行った際、35年で完済又は80歳のどちらか短い方で適用されることになります。

しかし、完済時の年齢や本人の健康状態によっては、団体信用生命保険への加入が難しくなる場合があります。加入年齢にも制限があるため極端に高齢となる場合など病気療養中などといった健康状態であれば、団信への加入が難しく、住宅ローンの審査を通過することができません。

物件の担保価値が低い場合

住宅ローンの事前審査や本審査を行う際、物件の担保価値を評価されます。もしも物件の担保価値が低い上、住宅ローンの希望借入金額とのバランスが合わない場合、審査が通らない可能性が高くなります。

住宅ローン以外の返済を行っている場合

住宅ローンの審査の際は、年収や返済負担率を計算することになります。その際、この返済負担率が金融機関の基準よりも高い場合は、審査を通過することは難しくなります。

審査では、住宅ローン以外に車のローン、教育ローン、クレジットカードのキャッシングなど総返済金額をチェックしています。そのため、住宅ローンの借入のみで返済負担率を考慮していると他のローンが負担となり、審査に通らない方がいます。この返済負担率については、各金融機関によって異なります。

転職したばかりという場合

住宅ローン審査を行う際、勤続年数が極端に少ない場合は、住宅ローンの審査を通過することができません。また、事前審査に通過した後、本審査が終了する前に転職した場合などは、住宅ローンの本審査に通らないこともあります。

希望融資額が高い場合

融資率が高い場合、金利も高くなるだけではなくその住宅ローンの審査に通過することも難しくなります。例えば、フラット35で融資率が90%以下の場合でも、他の90%以上の方と比較すると金利が高くなっています。

過去に滞納したことがある場合

過去にクレジットカードの支払いが滞った場合など状況によっては住宅ローン審査を通過することができなくなるかもしれません。これは、滞納歴があった場合、金融機関のあなたに対する信用度が低くなるため本審査に通らなくなることもあります。

まとめ

住宅ローンの本審査について解説しましたがいかがでしたか?住宅ローンの本審査に落ちる理由には、様々なことが挙げられます。また、審査基準については、各金融機関によって異なるため不安な点がある場合は、金融機関へ相談されることをおすすめします。

金融機関で住宅ローンを組み、融資を受けることは何も難しいことではありません。本審査に通過するために事前に気を付けておくべき点についてここでお伝えした内容を参考に、ぜひ複数の金融機関において住宅ローン申込を行ってください。

しかし、それでも住宅ローン審査に通らないという場合、あなたに何らかの問題があると予測されます。ここで紹介した内容を参考に問題解決を行い、審査に通る対策を講じてみましょう。そしてあなたも夢のマイホームを購入しましょう。

このページのトップに戻る