HOME > 目的別で選ぶ > 申込事前診断をしたい

カードローンの申し込み事前診断とは?

申し込み事前診断とは、カードローンを申し込む前に、借り入れが可能かどうか判断する簡易審査のことです。簡易審査を設けているのは消費者金融に多く、ネットで申し込みする前に確認できるため、万が一断られた際の時間節約に繋がります。

例えば、アコムはネットで「3秒診断」が受けられます。3秒診断とは、年齢、年収(総支給額) 、カードローン他社借入状況を入力し、「診断開始」ボタンを押すだけで、結果が分かるようになっています。20歳、年収300万円と入力すると、「お借入できる可能性が高いです。」と表示されます。これを20歳、年収100万円、多社借入を50万円にすると、「お客様のご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした。」となりました。

同じくアイフルにも「1秒診断」があります。アイフルの場合は、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力しなければなりません。20歳、従業員、年収300万円で入力すると、「ご融資可能と思われます」と出ました。20歳、パート、年収100万円、他社借入50万円では、「ご入力いただいた情報だけではお借入れ可否を判断できませんでした。」と出ます。

借りられない申し込み事前診断とは、申込者の年齢と年収、現在借入している金額を判断材料としています。借入できる可能性が高いと出れば、そのまま申し込み画面に進めばよいでしょう。もし判断できないと表示された場合でも、条件によっては借入できることもあります。

 

多くの金融機関が採用する条件とは?

申し込み事前審査では借入可能な属性か簡単に診断できます。しかし、個々によっても多少条件が異なることもあるため、各金融機関が申し込み条件として設定している内容を把握しておきましょう。

まず、一番重要となるのが、20歳以上なのかどうかです。消費者金融、銀行のカードローン、信販会社のカードローン、どれでも20歳以下の人に対し融資することはありません。そのため最低でも20歳を超えている必要があります。年齢は20代より30代、30代より40代と年齢が高くなると、良い審査結果をもらえる可能性があるでしょう。その理由は、年齢が高い人は家庭を持っている割合が高く、社会的立場を尊重する人が多いからです。

次に勤続年数は長いほど信用度が高くなります。勤続年数が長ければ、すぐに仕事を辞める可能性が低いため、貸し倒れリスクが少ないからです。勤続年数が長ければ、アルバイトやパート勤務でも優遇されやすいでしょう。貸す側は返すことができる能力を判断しているため、勤務形態は問わず、勤続年数を重視しているところもあります。

最後に信用情報機関に情報があるかどうかです。過去に延滞を繰り返している方は、信用情報機関に登録されています。過去に債務整理を利用した人も情報がわかります。誰でも延滞を繰り返している人にお金を貸したいとは思いませんから、過去の情報も申し込み時にはチェックされていることを知りましょう。

銀行と消費者金融の審査の違いとは?

最近では銀行でもネット銀行で消費者金融なみの申し込みやすさのところもあるため、消費者金融と銀行との違いは大きくはありません。銀行と消費者金融の大きな違いといえば、総量規制の問題くらいです。

総量規制とは、貸金業法で定められた規制のことです。消費者金融は貸金業に当たるため、総量規制を守る必要があります。総量規制とは、年収の3分の1までしか貸付しないようルールが設けられており、すべての消費者金融の合計金額で判断されているものです。1社ですでに50万円借りていれば、当然ほかの消費者金融で借りられる金額は減ります。だからこそ、申込事前診断では、必ず他社の借り入れ金額を聞かれるのです。

年収の3分の1までとは、年収が300万円なら貸付金額の合計は、100万円までにしなければなりません。この金額は年収に対し、このくらいの金額までなら生活に影響が少ないと考えられている金額です。法律で決められている以上、消費者金融はこの基準を守る必要があり、これに違法すれば営業もできなくなります。

買いたいものこの総量規制の対象外となるのが銀行です。銀行は銀行法に基づく運営をしているためで、年収の3分の1までという基準はありません。それでは高額融資が利用できる銀行のカードローンのほうが便利だと思う方もいるでしょう。高額の融資が受けられるということは、それだけ審査が厳しくなります。一般的に消費者金融より銀行のほうが審査基準は厳しいといわれています。

 

消費者金融だからこそあるメリットも

買いたいもの実は消費者金融だからこそのメリットがあるのです。それは無利息期間の設定です。無利息期間とは、初回利用者へのサービスで、プロミスなら30日間無利息、アコムなら30日間無利息となっています。初回の利用なら30日分の利息はかかりませんよ、というサービスです。30日以内に返済を終えれば利息は1円もかからないため、早期に返済したい方にとってメリットが高くなります。

30日後の返済でも、30日分は利息がかからないため、できるだけ早く返済したい方にとってメリットが高くなるでしょう。消費者金融ならどこでも無利息期間を設けているわけではなく、プロミス、アコムなどの大手消費者金融のみです。そのため、何度でも使えるわけではありません。もし一度も使ったことがない大手消費者金融があるなら、無利息期間をうまく活用してみましょう。

即日キャッシングのメリット

買いたいものアコムの3秒診断による申込事前診断を受けたら、そのままネットで申し込み画面に移ることができます。アコムの申し込み画面では、氏名、旧姓、生年月日、性別、メールアドレス、住所、電話番号、住居種類、居住年月、家賃か住宅ローンか、家族人数、勤め先を記載する欄があります。アコムは申し込み手続き全てネットで完了することができ、本人確認書類の提出もネットでできます。契約は返信されてきたメールの内容を確認し、同意するのみです。

アコムの審査にかかる時間は最短30分のため、消費者金融はスティーディな手続きがメリットだといえます。銀行の場合は、保証会社の審査も受ける必要があるため、当日融資が難しいところが多いです。実はアコムのような消費者金融は、銀行の保証会社となっているため、銀行で融資申し込みをすれば銀行と消費者金融のWで審査を受けているようなものなのです。

アコムの公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る