HOME > 目的別で選ぶ > 最低返済額で選びたい方

最低返済額で選びたい方

最低返済額に注目して消費者金融を選びたい方におススメなのは、「プロミス」です。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは大手金融会社の一つで、最近では個性的なCMが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。 初めての利用なら30日間無利息のサービスが受けられたり、ネットで契約を完了させることも可能だったりと、大手ならではの多彩なサービスが魅力。(※30日間無利息サービスのご利用には、メールアドレス登録、web明細利用登録が必要です。)

また、月々の最低返済額を他社と比べて低めに抑えられる、というメリットもあるんです。

おすすめランキング 年利 限度額 返済方式 収入証明書提出 おすすめポイント
1位
プロミス
4.5〜17.8% 1万円〜500万円 残高スライド元利定額返済方式 50万円まで不要
(50万円超の融資の場合と他社との合計借入金額が100万円超の場合要)
30日間無利息のサービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)あり。
女性オペレーター対応の女性専用ダイヤルが設置で女性に親切。
ネットで3秒の借入診断が出来る
>>女性専用のプロミスはこちら
2位
アコム
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 定率リボルビング方式 50万円まで不要 業界最大手!知名度の高さから安心と信頼を得られる。
融資までの期間は最短1時間。 簡単な質問の3秒診断がネットで出来る
総合的にみて一番のオススメ!
3位
アイフル
3.0〜18.0% 1,000円〜800万円 借入後残高スライド元利定額返済方式 50万円まで原則不要
(当社借入50万円以下、且つ他社借入総額100万円以下の場合)
最短30分で審査完了!
即日融資も可能で1,000円から気軽に借入することができる。 ※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
4位
SMBCモビット
3.0〜18.0% 1万円〜800万円 借入後残高スライド元利定額返済方式 電話連絡や郵便物のない「web完結」の申し込みがあり、平日14:50までに振り込み手続き完了でお振込可能
10秒簡易審査出来る

プロミスの最低返済額は

借入額30万円以下 = 借入金額×3.61%
借入額30万円超過〜100万円 = 借入金額×2.53%
借入額100万超過 = 借入金額×1.99%
(1000円単位で端数は切り上げ)
という風に設定されています。
他社ではどうかというと……

●アコム
・借入金が30万以下 = 借入金×4.2%
・借入金が30万超〜500万以下 = 借入金×3.0%
(1000円単位で端数は切り上げ)
※利用限度額が100万以上の場合、審査によっては2.5〜2.0%まで割合が引き下げられることもあり。
●アイフル
最終借入の残高に応じて固定額を設定

最終借入後残高 最低返済額
サイクル制 約定日制
1〜100000 5000円 4000円
100001〜200000 9000円 8000円
200001〜30000 13000円 11000円
300001〜400000 13000円 11000円
400001〜500000 150000円 13000円
500001〜600000 18000円 16000円
600001〜700000 21000円 18000円
700001〜800000 24000円 21000円
800001〜900000 27000円 11000円
900001〜1000000 30000円 26000円
1000001〜3000000 10万円毎1000円ずつ加算

●SMBCモビット
最終借入後の残高に応じて固定額を設定

最終借入後残高 最低返済額
1〜100000 4000円
100001〜200000 8000円
200001〜30000 11000円
300001〜400000 11000円
400001〜500000 13000円
500001〜600000 16000円
600001〜700000 18000円
700001〜800000 21000円
800001〜900000 24000円
900001〜1000000 26000円
1000001〜3000000 20万円毎に4000円ずつ加算

しかし、これではいまいちピンときません。
では、実際に各金融会社からお金を借りた場合、月々の最低返済金額がどれぐらいになるか見ていきましょう。

借入金額\金融会社 プロミス アコム アイフル(約定日制) SMBCモビット
5万円 5万×3.61%
=1805
2000円
5万×4.2%
=2100
⇒3000円
5万
(上記表参照)
→4000円
5万
(上記表参照)
→4000円
10万円 10万×3.61%
=3610
4000円
10万×4.2%
= 4200
⇒5000円
10万
(上記表参照)
4000円
10万
(上記表参照)
4000円
30万円 30万×3.61%
= 10830
11000円
30万×4.2%
= 12600
⇒13000円
30万
(上記表参照)
11000円
30万
(上記表参照)
11000円
110万円 110万×1.99%
= 21890
22000円
110万×3.0%
= 30000円
110万
(上記表参照)
→ 27000円
110万
(上記表参照)
→ 30000円

※表の中の「⇒」は、1000円以下切り上げの意味
これを見ると、借入金10万以降では横並びになることが多いものの、
5万など、比較的少ない金額を借り入れた際に最低返済額を小さく抑えることが出来るとわかります。
また、100万超過で借りた場合にも、他社と比べて低い値が設定されます。

最低返済額で選びたいなら……

「最低返済額」
借入金の完済を目指すために重要な要素なのですが、各金融会社ごとに設定方法がまちまちなので、具体的にどう変わるのか分からなかった、という方も多かったのではないでしょうか。
プロミスではそのほかにも、最短で即日融資が可能であったり、カードレスでも利用が出来たりというようなメリットがあります。
「プロミスなら大変なときは返済額を押さえられるてまとまった返済ができるときには、まとめて返済すれば無駄がない」

●契約完了後、できるだけ早くお金を借りたい
●消費者金融を利用していることを人に知られたくない
●毎月の支払がきちんとできるかが不安

このような方々に、ぴったりのサービスになっていますね。

プロミスの公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る