HOME > オススメの会社はこちら > 横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

常にお客さまの満足度向上に向けた試みを行っているのが横浜銀行です。はまぎんの名前で多くの人の生活に溶け込んでいます。
横浜銀行のローンにはいくつかありますが、その中で横浜銀行カードローンについてまとめてみました。カードローンの申込方法から借入法までを分かりやすく説明し、横浜銀行カードローンのメリット、デメリットについても紹介しています。借入をする際の参考にして下さいね。

【目次】

横浜銀行カードローンの安心ポイント

★10万円という少額から1,000万円(10万円単位)という借入限度額で利用用途は自由
★充実したATMネットワークで駅やコンビニついでに利用可能

横浜銀行カードローンの特徴ピックアップ

年金のみの収入の人 利用資格 融資スピード 簡易診断
利用可 20歳〜69歳
安定した収入のある人および配偶者
普通(最短翌日可能) お借り入れ3秒診断
実質年率 限度額 ネット申込 次の地域にお住まい(もしくは勤務)が利用可
1.5〜14.6% 10万円〜1,000万円
(10万円単位)
24時間可能 神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市

【横浜銀行と取引が無くても申込可能】
横浜銀行に口座がない場合でも申し込みは可能です。インターネットまたは電話で申し込むか、店頭に置いてある申込書を記入してFAXまたは郵送にて申込しましょう。
急ぎの場合は、インターネットを利用するといいでしょう。

横浜銀行カードローンでお金を今すぐ借りる手順


★契約までの最短ポイントは、インターネットか電話で申込をすることです。
★契約に際し必要な書類は、ダウンロードしてFAXを利用するか郵送、WEBでの提出になります。急ぎの場合はWEBかFAXを利用しましょう。(FAXはコンビニにも設置してあります)


※横浜銀行の口座を保有していない人は、申込の後、契約までに横浜銀行の口座を開設して下さい。
インターネットバンキングを利用することによって、いつでも借入をすることができます。

オススメポイント

★東日本銀行と経営統合を行ったことで横浜銀行はこれからますます期待できるとは思われますが、カードローンに関してもオススメポイントがいくつかあります。

10万円〜1,000万円までの借入限度

銀行というとどうしても高額の借入というイメージが強いと思われますが、横浜銀行の借入限度額は10万円〜1000万円です。
少額融資が希望という人にも、高額融資が希望という人にも利用しやすい設定となっています。

金利について

横浜銀行では1,000万円の借入限度額の時には年1.5%という低金利となります。金利は借入限度額により年1.5〜14.6%という低金利なので利用しやすいことは間違いないでしょう。
100万円以下の金利は年14.6%なので、消費者金融に比べると4%ほど低い金利となります。

年金生活者や主婦にも優しい

年金の収入は収入とみなさないという金融機関が多い中、横浜銀行は年金生活者も借入ができるようになっています。(69歳まで)
また、専業主婦も借入は可能です。(配偶者の属性による)

提携ATMも多い

横浜銀行は小田急線全70駅にATMを設置するなど駅ATMを充実させています。
その他にも、セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソン銀行ATM、イオン銀行ATM、全国の銀行・信用金庫等の提携金融機関ATM も利用可能です。

※イオン銀行のATMでは、ご返済できません。

横浜銀行と取引が無くても借り入れ申込可能

審査が終了し、契約までに横浜銀行の口座を開設するということが必要になりますが、横浜銀行に口座を保有していない人でも申し込みはできます。
ただし、お住まいの地域もしくは勤務先にはある程度限定されます。神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内前橋市、高崎市、桐生市となります。

毎月の返済は2,000円から

毎月の返済は2,000円からということで、無理のない返済が可能です。
ただし返済額に関しては、借り入れ額によって最低ラインが違います。

収入証明書の提出は不要?

横浜銀行カードローンは限度額50万円超の借入は収入証明書の提出が必要です。

ウイークポイント

お住まいの地域や勤務地が限定された人しか利用できません。
(↓表:ローン設定値の下限と上限をピックアップ/ 金利、遅延損害金はすべて実質年率)

実質年率 遅延損害金(年率) 限度額
横浜銀行カードローン 1.5%〜14.6% 18.0% 10万円〜1,000万円
消費者金融 3.0〜18.0% 20.0% 1,000円〜800万円

金利と利息について

利息を計算するために必要な金利(1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合)は、横浜銀行カードローンの場合、年率1.5〜14.6%です。

実質年率 借入金額 1年間に支払う利息 1日あたりの利息
14.6% 10万円
(お借入限度額100万円以下の場合)
14,600円 40円
11.8% 10万円
(お借入限度額100万円超200万円以下の場合)
11,600円 32円
14.6% 50万円
(お借入限度額100万円以下の場合)
73,000円 200円
11.8% 50万円
(お借入限度額100万円超200万円以下の場合)
58,000円 159円

上記の表のように、金利3%の違いは少額だと気になりませんが、高額だと大きな差が生じます。

限度額と必要年収の関係について

横浜銀行の借入限度額は10万円〜1,000万円(10万円単位)となっています。銀行カードローンの中でも1,000万円はかなりの高額と言えますし、 カードローンということで、使用用途は原則自由ということになっています(事業資金はダメ)ので、本当に困っている時に強い味方となることは間違いありません。

また、見逃せないこととして、年金生活者であっても年金が収入として認められるということです。このことにより、年金生活者でも困っている時には借入の申込ができます。
(69歳まで)また、専業主婦の人も配偶者の年収や勤続年数、他社からの借り入れ状況によっては借入ができます。この点も、専業主婦の人に喜ばれています。

利用方法

横浜銀行カードローンの各手続き方法の一覧表です。

横浜銀行カードローンの申込〜返済までの方法は、自由に選ぶことができます。

※イオン銀行のATMでは、ご返済できません。

WEB申込の場合 −流れ−

【借りる】
1.横浜銀行のホームページから、「お申し込みはこちら」をクリックします。◎24時間受付
2.申込フォームから入力して送信する
3.審査結果は、自宅、会社、携帯で希望するところに電話連絡がある。
4.契約手続きをして、カードが発行される。
5.提携ATMで借入をする。
※インターネット申し込みの他に電話による申込(フリーダイヤル)もありますが、こちらも早く借入をしたいという人には適しています。
【返す】
★普通預金口座からの口座引落し
★インターネットバンキングで返済する
★提携ATMで返済する
※インターネットバンキングは利用申し込みをしないと利用することはできません。
インターネットバンキングを利用すれば カードを使わずに借入ができますし、取引明細表等を電子交付に切り替えることもできるので、この場合は郵送物がありません。

横浜銀行カードローンの利用が向いている方

横浜銀行の特徴を踏まえて横浜銀行をオススメしたい方をピックアップしました。
★お住まいの地域や勤務先が横浜銀行カードローンの条件に当てはまる方
★駅やコンビニを多く利用する方(提携先が多いため)
★インターネットや電話、FAXなど自宅にいて申し込みから借り入れまでをしたい方
★1,000万円の高額融資が気になる方
★年金生活者や主婦の方

横浜銀行の店舗概要

横浜銀行の窓口店舗数は205、自動契約機はありません。ATMは横浜銀行、コンビニのATM等併せて約13000台あります。(2020年3月末現在)
提携ATMも多いので利用に困るということはないでしょう。

窓口店舗数 自動契約機数 主な提携ATM
横浜銀行 205店舗 なし セブン銀行
イオン銀行
イーネット
ローソン銀行
小田急線全70駅に設置の駅ATM

横浜銀行カードローンを利用したい方へ

横浜銀行カードローンを利用するなら知っておきたい情報をまとめました。

★神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内前橋市、高崎市、桐生市にお住まいか勤務している方限定!
★年金生活者でも主婦でも借り入れ申し込みができる!
★小田急線全70駅の駅ATMが利用できるので、通勤時の借り入れや返済に便利!
★返済が月2,000円から可能!
★借り入れ限度額が10万円〜1,000万円(10万円単位)!


このページのトップに戻る