HOME > オススメの会社はこちら > スルガ銀行グループ「ダイレクトワン」

スルガ銀行グループ「ダイレクトワン」

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの消費者金融です。銀行グループということで、銀行の機能を提供しながらも、消費者金融の良さを全面的に出しているカードローンです。
ダイレクトワンの申し込み方法から、借入、返済の方法、メリットやデメリットを詳しく紹介しています。
借り入れをする際の参考にしてはいかがでしょうか。

【目次】

ダイレクトワンの安心ポイント

★銀行グループのメリットを生かした消費者金融
★学生や主婦でもパートやアルバイトの収入があれば申し込み可能
★申込方法、借り入れ方法、返済方法はあらゆる方法から選べる選択肢の広さ

ダイレクトワンは、静岡県の消費者金融です。現在は、スルガ銀行の子会社として運営されています。
東京都をはじめ有人店舗16店舗、インターネット店舗1店舗を持ち、お客様目線のサービスを提供できるように日々精進している消費者金融です。

ダイレクトワンの特徴ピックアップ

利用資格 融資スピード 簡易審査 実質年率
20歳〜69歳
要安定した収入(パート、アルバイト、学生でも可)
早い
(最短1時間可能)
あり
クイック診断
(ネット・アプリ上)
4.9〜20.0%
限度額 ネット申込 電話申込 自動契約機
1万円〜300万円 24時間可能 9:00〜20:00
(土日祝除く)
なし
(消費者金融では珍しい)



【店頭窓口】担当者が対応・相談可
営業時間:9:30〜18:00(掛川プラザ店9:00〜20:00)/土・日・祝日休業
※店頭窓口で申し込みから契約、借入、返済まで行うことができる。

ダイレクトワンでお金を今すぐ借りる手順


★契約までの最短ポイントは、まず、インターネットか電話、店頭窓口で申し込むことです。
★契約に際し必要な書類は、ネットやアプリを使用、もしくはFAX、郵送で送ることが可能。店頭窓口で提出もできます。
★店頭窓口で借入まで最短30分で可能。WEB契約の場合は、審査通過後に自宅にカードが送られてきて借入となるので、電話で振り込み依頼をしないと当日借り入れはできない。

詳細を見る

オススメポイント

銀行グループの消費者金融ということで、双方のメリットを生かしたカードローンとなっています。年収で申込を諦めることなく、パートやアルバイトでも借り入れ申し込みができる消費者金融です。
ですから、収入が少ないけれど借り入れをしたいという人に強い味方となります。

学生でも主婦でも退職後でも

ダイレクトワンは、学生や主婦、退職後という人々に心強いカードローンです。というのは、借り入れ可能年齢が20歳〜69歳までとなっています。
安定した収入が必要ではありますが、年収の規定はなく、パートやアルバイトの収入でも借り入れは可能です。
ダイレクトワンが、若い人のちからになりたい気持ちの強い消費者金融ということもあり、若い年齢層に多いパートやアルバイトでも借り入れを可能にしているのでしょう。
また、退職後にアルバイトやパートという身分で働く高齢者も増えていますが、このような人も69歳までは借入ができるようになっています。
働く人の多くが非正規労働者と言われる現代において、このような規定で借入ができる消費者金融は強く求められていると言えます。

申込から審査、借入、返済までパターンはいくつもある

ダイレクトワンは、実際の有人店舗が14店舗あり、インターネット店舗も持つ消費者金融です。このメリットを生かして、店頭窓口で申込からすべてを行うパターン(早いと30分で借入可能)や、WEB契約、電話などあらゆる方法が利用できます。ただし、WEB契約が他の消費者金融と少し違う点があります。申し込みから借入まですべてを行えるわけではなく、自宅にカードが送られて来ます。WEB契約であって、完結ではありません。

利用明細書について

利用明細書が送られてきては困るという人は店頭窓口で申し込みから借り入れまですべて行うと良いでしょう。
その他の場合は、自宅あてに利用明細書が送られてきます。

提携ATMは多い

ダイレクトワンは、カードを利用した借入や返済が行えるに伴って、提携ATMが多いという特徴があります。
スルガ銀行をはじめ、プロミスATM、イーネット、タウンネットワークサービス、セブン銀行、イオン銀行、ゼロバンク(愛知県や岐阜県に設置)が提携しています。
ただし、借入や返済には手数料が掛かります。

クイック診断とシュミレーション

クイック診断は簡単な3つの質問に答えるだけで診断して貰えるというものです。実際の審査の参考になるでしょう。
返済シュミレーション機能もあるので、返済を計画的に行うために利用してみるのもいいでしょう。

実際の店舗も十分に利用できる

東京都から、愛知県まで14店舗ありますが、これらの有人店舗は申し込みから借入、返済まで利用可能です。
はじめての借入で一番早いのが、直接店舗に出向くという方法で最短で30分で借り入れ可能となります。
しかし、気を付けたいのが店舗の営業時間です。月曜から金曜の9:30〜18:00(掛川プラザ店9:00〜20:00)までの営業です。土・日・祝は営業していないので気を付けましょう。

≫もっと詳しく知りたい方はコチラ≫

ウイークポイント

★銀行カードローンに比べると、金利が高く限度額が低いです。ダイレクトワンは消費者金融なので、基本的に総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える金額を借入れることはできません。
学生や主婦、退職後の方のパートやアルバイトであっても借入はできますが、総量規制に基づいての借入となります。

実質年率 遅延損害金(年率) 限度額
スルガ銀行グループ「ダイレクトワン」 4.9%〜20.0% 20.0% 1万円〜300万円
銀行カードローン 2.49〜14.6% 14.6〜20.0% 10万円〜1,000万円

金利と利息について

利息を計算するために必要な金利(1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合)は、ダイレクトワンの場合、年率4.9〜20.0%です。

実質年率 借入金額 1年間に支払う利息 1日あたりの利息
20.0% 1万円 2,000円 5円
17.0% 1万円 1,700円 5円
20.0% 50万円 100,000円 274円
17.0% 50万円 85,000円 233円

上記の表のように、金利3%の違いは少額だと気になりませんが、高額だと大きな差が生じます。
一般的に借入額が少ない場合は金利は高くなり、借入額が高いと金利は低くなります。

限度額と必要年収の関係について

ダイレクトワンの借入可能額は1万円〜300万円となっています。消費者金融の借り入れ額としてはあまり高い借入可能額ではないと言えます。
また、総量規制の対象となっているので、年収の1/3までしか借入はできません。
学生や主婦、定年退職した方のパートやアルバイトでも借入は可能ですが、年収30万円の場合は最高でも10万円の借入となります。
それでも、学生とアルバイトをしているという人にとっては強い味方となることは言えるでしょう。
年収が上がれば借入可能額が上がることも想定されます。
そんなに多い金額を借りる必要はない、しかし仕事がパートやアルバイトという人にはピッタリと言えるでしょう。

利用方法

ダイレクトワンの各手続き方法の一覧表です。

ダイレクトワンの申込〜返済までの方法は、自由に選ぶことができます。全て来店して行うことも、全て来店なしで行うこともできます。

足を運ぶ場合 −流れ−

【借りる】
1.近くの店舗に本人確認書類を持参する
2.申込手続きをして審査が通れば契約完了
3.その場でカードが発行され提携ATMで借入可能

【返す】
★店頭窓口にて営業時間内に返済する≪平日9:30〜18:00(掛川プラザ店9:00〜20:00) 土日祝日休≫
★提携ATMにて返済する(利用手数料が必要)
★ダイレクトワン指定の返済用口座に振り込む
※手数料無料で返済するには、店頭窓口で返済するという方法になります。

足を運ばない場合 −流れ−

【借りる/インターネット】
1.ダイレクトワンのホームページの申込ボタンから申し込む◎24時間受付
2.仮審査後の詳細は電話にて受付
3.本人確認書類などの必要書類をインターネット、FAX、郵送にて送る
4.審査が通ると、自宅にカードが郵送される(急ぎの場合は、テレホンセンターに申し込みをし、お客様名義の金融機関(あらかじめお届け出が必要)への振り込みによるキャッシング)
5.提携ATMでカードを使って借入する

【返す】
1.店頭窓口にて営業時間内に返済する≪平日9:30〜18:00(掛川プラザ店9:00〜20:00) 土日祝日休≫
2.提携ATMにて返済する(利用手数料が必要)
3.ダイレクトワン指定の返済用口座に振り込む
※手数料無料で返済するには、店頭窓口で返済するという方法になります。

≫もっと詳しく知りたい方はコチラ≫

ダイレクトワンの利用が向いている方

ダイレクトワン特徴を踏まえてダイレクトワンをオススメしたい方をピックアップしました。
★パートやアルバイトの学生、主婦、退職後の年配者
★60歳以上の方(満20歳〜69歳までの幅広い年齢が借り入れ可能)
★店頭窓口で申し込みから借入まで行いたい方
★申込はWEBで済ませたい方

申し込み方法は多彩

インターネットでの申し込みが主流になりつつありますが、そのような時代の流れに沿った申込方法も採用しながらも、ちょっとアナログな方法である店頭窓口での申し込みにこだわりたいという人もいます。そのような人にピッタリなのがダイレクトワンの店頭窓口での申し込みです。
東京から愛知県までの地域に14店舗あり、平日の9:30〜18:00(掛川プラザ店9:00〜20:00)までの営業ではありますが、店頭窓口を利用できます。

ダイレクトワンの店舗概要

ダイレクトワンの窓口店舗数は14店舗で、自動契約機はありません。
提携ATMはスルガ銀行、イーネット、セブン銀行、イオン銀行、タウンネットワークサービス、プロミス、ゼロバンク(愛知県、岐阜県のみ) となっています。

窓口店舗数 自動契約機数 主な提携ATM
ダイレクトワン 14店舗 なし スルガ銀行
イーネット
セブン銀行
イオン銀行
タウンネットワークサービス
プロミス
ゼロバンク(愛知県、岐阜県のみ)
銀行 平均600前後 平均600前後
(ない銀行もあり)
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行

ダイレクトワンを利用したい方へ

ダイレクトワンを利用するなら知っておきたい情報をまとめました。
★WEB申込は、申し込みだけがWEBであり、後日カードが郵送されてくる
★利用明細書などが郵送されたくないのであれば、店頭窓口での申し込み〜借入がベスト
★パートやアルバイト、年齢も満20歳〜69歳まで申し込みが可能
★金利は最高金利が適用されると決して低い金利とは言いにくい
★提携ATMの利用手数料がかかる

分からないことは、実際の店舗に相談しに行くのもいいですし、ホームページのよくある質問などを参照してみるといいでしょう。

スルガ銀行グループ「ダイレクトワン」の公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る